よくあるお問い合わせ

質問
肥料のやり方 庭植え
1. 鉢植え? 地植え?
庭植え
2. 具体的な作業、問題は?
肥料

必ず肥料を与えてください!!


  


植えつけ時

 「庭への植えつけ方法」にある通り、しっかりと元肥を与えます。

 非常に大切な肥料です。必ず施しましょう!!

 

春先(34月)

 開花に向けての生長を促すために、追肥してください。

 

生育期

 花後に、次の生長・開花促進のために、

 「花後の剪定」とともに、しっかりと追肥しましょう。

 

 なお、真夏には生育障害を起こす可能性があるので、

 肥料を与える必要はありません。

 

●寒肥

 112月の間に、1度与えます。

 完熟馬ふん堆肥(なければ、完熟牛ふん堆肥)と、
 油かすや骨粉などリン酸、カリ分を含む有機質系の肥料
を、

 表土にすき込むように与えます。

 また、寒肥用につくられた専用肥料でもいいでしょう。

 春からの生育にとって、大事な肥料になるので、必ず施しましょう。

 株に直接触れないように、少し離して施してください。

 

★どうして寒肥が必要か?

 112月の寒い時期に与え、植物の休眠期に土中で分解させておく事で、
 春になり生長が活発になる時期に、ちょうどよく吸収され、

 効き目をあらわします。

 効果が持続するので、芽吹きや葉の茂りに大きく影響します。


★寒肥だけでもOK!!

 実は、及川フラグリーンでは、庭植えのクレマチスには、

 年1回、寒肥を与えるだけで、他の肥料は一切与えていません!

 それでも、1番花はもちろん、2番花もしっかり咲きます。

 それほど、最重要な肥料なのです!!

 

★肥料について

 元肥、追肥には、有機質系の肥料を使用することをおすすめします。

 量はそれぞれの肥料の規定量を与えてください。

 なお、元肥、追肥、寒肥には、及川フラグリーンのオリジナルブレンド、

 「クレマチス・ナーセリーの有機肥料」がオススメです!!


  

 

このFAQを評価する

関連するFAQ

Powered by AnswerStation