よくあるお問い合わせ

質問
冬〜春先に行う誘引(鉢植え、庭植えともに)
1. 鉢植え? 地植え?
庭植え
鉢植え
2. 具体的な作業、問題は?
誘引

冬〜春先に行う剪定の後に、

残った枝の長さに応じて、誘引します。


 

●枝が長めに残った場合

 フェンスや壁面などの、平面的なものでは、

 下の方から、S字を描くように誘引していきます。


 オベリスクやポールなどの、立体的なものでは、

 下の方から、らせんを描くように誘引していきます。


 まっすぐ上に伸ばすイメージではなく、

 斜め横に倒しながら、上に向かっていくイメージです。


 どちらも、あまり枝が重なりすぎないように、枝と枝の間隔は、

 1020cmはとってください。

 また、誘引物の高さの半分から2/3ほどの位置まででとどめ、

 その後に伸びる余白をとっておきましょう。



●枝が短めに残った場合

 フェンスの下の方にとめる程度の誘引しておきます。

 品種によっては、剪定後、地上部がほとんどなくなるものもあります。



  フェンスではS字を描くようなイメージで

  

  枝が重ならないように、できるだけ横に倒す

  上の方は今後の伸びのために空けておく


ちなみに、上の写真のフェンスは、

ガーデンフェンス」という商品です。

なお、誘引には、何度も使えて便利な、

誘引クリップ「小枝ささえ」がオススメです!


  



 


 


 


 

 

このFAQを評価する

関連するFAQ

Powered by AnswerStation