よくあるお問い合わせ

質問
夏の暑さに強い品種を教えてほしい
1. 鉢植え? 地植え?
庭植え
鉢植え
2. 具体的な作業、問題は?
トラブル(「花つきが悪い」など)
使い方、楽しみ方

クレマチスには夏の暑さに強い品種がたくさんあります!!


クレマチスの品種のかなりのものが、

夏の暑さに負けず、枯れることなく楽しめますが、

その中でも特に強いのが、以下の系統の品種になります。



ジャックマニー系

 華やかで見ごたえある中〜大輪、多花性で、バラとの相性もよい。


ビチセラ系

 小〜中輪で、節々に花を咲かせる多花性、強健でガーデニングに欠かせない。


テキセンシス、ビオルナ系

 ベル形やチューリップ咲きの花をたくさん咲かせ、人気品種がたくさんある。


インテグリフォリア系

 ベル形や小輪の花、強健で育てやすく、返り咲きもしやすい優秀な性質。



これらは花後の剪定と追肥による返り咲きがしやすく、

強健で育てやすくもあるので、非常にオススメです。

耐寒性も強いので、寒冷地でも全く問題ありません!!

 

ちなみに、クレマチスの株元の葉が、

枝の伸びにしたがって黄色くなることがあります。


  


これは肥料分や光の不足で起こる生理現象で、

暑さに強い弱い関係なく現れますが、今後の生育には影響ありません。


また、夏の暑さや蒸れで葉が痛むことがあります。

随時葉を取り除く剪定を行って対処してください。


なお、花後の剪定と追肥」を行うと、

比較的低い位置から再び新しい枝が出て、株が更新されます。

ぜひやってみてください。


なお、色や花形の好みや環境条件をお知らせいただくと、

個別にオススメ品種をお知らせする、

クレマチス コンシェルジュ」というサービスもありますので、

ご利用ください。



 

このFAQを評価する

関連するFAQ

Powered by AnswerStation