よくあるお問い合わせ

質問
花の色が薄い、花の大きさが小さい
1. 鉢植え? 地植え?
庭植え
鉢植え
2. 具体的な作業、問題は?
トラブル(「花つきが悪い」など)
使い方、楽しみ方

花の色が薄い場合や、本来の大きさより小さめに咲く場合、

以下のことが考えられます。



充実の開花まで3〜4年

 苗を植えてから株が充実してきちんと花を咲かせるまでに、3〜4年かかります。

 特に、購入して1年前後の苗の場合、花が咲きにくいことがあります。

 また、日当りが悪いと時間がかかります。時間をかけ、

 その環境になれさせながら、じっくりと育てる気持ちで見守りましょう。


     



               



     


  

●枝はたくさん伸び、茂っているが、花数が少ない、色が薄い、小さい

 特に鉢植えで起こりやすくなっています。

 (「ビチセラ系」、「テキセンシス、ビオルナ系」で起こりやすい)

 枝が地面から何本も勢いよく伸びている場合(株立ち状態)、

 伸びた枝に十分に肥料分が行き渡っていないことがあります。

 弱そうな枝を中心に地際で剪定し間引き、本数を減らします。

 そして、同時に、肥料を与えてください。


  

  枝が5本あるので、地際で剪定


  


  

  2本だけ残しました

 

 ・間引き後に残す枝の本数の目安

  56号鉢:約23

  78号鉢:約45

  910号鉢以上:約67

 

 庭植えの場合も同様に考えていいですが、

 残す枝の本数は、鉢植えより多めでもいいでしょう。


 

●肥料分と日照が足りなく、枝が充実していない

 上記の「間引き後に残す枝の本数の目安」をみて、

 問題ないようであるのに、うまく咲かない場合、

 枝それぞれの充実が足りていないことが考えれます。

 土の極度の過湿、過乾燥などの環境の悪化がなければ、

 肥料分が足りないことか、日照が足りないことが原因だと思われます。

 しっかりと肥料を与えてください。

 また、日照が足りているか確認してください。

 最低でも、1日4〜5時間の日照が必要です。足りないようであれば、

 まわりの植物を剪定したり、鉢植えであれば場所を変えたりなどの、

 対応をしてください。


   

 

 枝の充実には、日照がとても大切です!


 ★肥料について

  元肥、追肥、寒肥には、有機質系の肥料を使用することをおすすめします。

  なお、元肥、追肥、寒肥には、及川フラグリーンのオリジナルブレンド、

  「クレマチス・ナーセリーの有機肥料」がオススメです!!


    



●根づまりしている

 鉢植えで、数年植え替えをしていない場合、

 かなり根づまりしている可能性があります。

 そうすると、健全な生育ができなく、結果、花つきが悪くなり、

 花色も薄く、大きさが小さくなります。

 1まわり大きな鉢に植え替えしてください。

 なお、鉢をこれ以上大きくできない場合は、

 土だけを新しくする植え替えを行ってください。


 以下を参考にしてください。


 鉢を大きくする方法(植え替え方法)


 今以上鉢を大きくできない場合


  

●2番花以降の花

 1番花の後の、7月以降に咲く2番花は、だいたいの品種で、

 花の色が薄かったり、大きさが小さかったりします。

 花後の剪定と同時の追肥で、ある程度カバーできますが、

 それでも1番花と同じように咲くことは難しいです。

 派手さが抜け、落ち着いた2番花独特の風情もいいものなので、

 季節の変化を楽しむ感覚で、観賞してください。

 

このFAQを評価する

関連するFAQ

Powered by AnswerStation