よくあるお問い合わせ

質問
モンタナ系が突然枯れました。対策はありますか?
1. 鉢植え? 地植え?
庭植え
鉢植え
2. 具体的な作業、問題は?
剪定
トラブル(「花つきが悪い」など)

モンタナ系」の自生地は、冷涼な高山帯にあるために、

あまり、暑さや蒸れに強くありません
そのため、日本での生育においては、

通常、4~5年で枯れてしまうと言われています。

特に関東以西の平地ではそれが顕著です。


 

対策として考えられることは以下の通りです。

 

●できるだけ地温を上げないように、

 株元への長時間の直射日光を避け、風通しをよくします。


肥料は少なめで管理します(通常の半分など)。

 また、真夏の肥料は控えます。


過乾燥、過湿に注意してください。


●枝が伸び、いい感じに茂ってきた頃に、急に枯れることがあります。

 それは、その生育した量に対して、供給される水分のバランスが取れず、

 枯れている可能性が考えれます。

 対策は、花後の剪定をしっかり行うことになります。

 花が終わったら、できるだけ早く、遅くても1ヶ月以内に、

 株の半分くらいのヴォリュームを目安に、剪定してください。

 これが結構効きます。ぜひ、忘れずに行ってください!!


 参考:花後の剪定

 


それでも、完全に枯れを防ぐことは難しいと思います。

モンタナ系は4〜5年草として楽しむ感覚がいいでしょう。

2年生以上の苗であれば、すぐに大きくなり、花もたくさん咲くので、十分楽しめます。

せっかくフェンスやアーチを覆ったのに枯れてしまうのは残念ですが、

株の更新時期だと思って、またチャレンジしてください。

生育旺盛のモンタナ系、すぐにまた覆って、きれいな花を咲かせるでしょう!


  



 

このFAQを評価する

関連するFAQ

Powered by AnswerStation