よくあるお問い合わせ

質問
庭への植えつけ方法
1. 鉢植え? 地植え?
庭植え
2. 具体的な作業、問題は?
植えつけ

●庭に植えつける苗について

 写真下左の、4.5号サイズ(直径約13.5cm)以上、2年生以上の苗は、

 初心者でも安心して育てられます。


 写真下右の、2.5号サイズ(直径約7.5cm)の1年生苗は、

 すぐに庭への植えつけはせず、1年間は鉢植えで養生してください。

 (養生の手間がかかるため、初心者にはオススメできません!


    


●必要なもの:

 肥料(元肥)、完熟馬ふん堆肥(なければ、完熟牛ふん堆肥)

 他に土壌改良の必要に応じて、

 腐葉土、赤玉土(中粒)、鹿沼土(中粒)を用意します

 

●時期:

 基本的に、真夏と真冬以外に植えます

 (人もうだるような真夏や、地面が凍るほどの真冬は避けます)

 秋植えもオススメです!

 

●場所:

 日当たりがよく、風通しのよい場所が適しています。

 1日4~5時間、日光が当たる場所であれば問題ありません。

 ただし、半日陰気味の場所でも、生育は遅くなりますが、育てることは可能です。

 ゆっくりと環境に慣れながら、株を充実させ、花を咲かせていきますので、

 気長に育てましょう。

 

土:

 保水性と排水性がある柔らかい土を好みます。

 乾燥しやすい砂のような土や、雨後にずっと水がたまっているような、

 水はけの悪い土では、生育不良になることがあります。

 

植えつけた後の移植:

 クレマチスは一度植えた後の、移植を嫌います

 クレマチスの根は直根性で、下に深く伸びるため、移植しようとすると、

 どうしてもダメージを受けやすくなります。

 庭に植える際は、場所をよく吟味し、

 植えつけた後に移植する必要がないように注意します。

 その場所に向いているかどうか調べるために、いきなり庭植えしないで、

 いったん鉢植えで試してみて、よさそうであれば、

 庭植えするという方法もおすすめです。


 

●方法



     




1. 直径、深さともに、40〜50cmの穴を掘ります。




2. 掘り上げた土に、肥料(元肥)と、完熟馬ふん堆肥(なければ、完熟牛ふん堆肥)を混ぜます。

 

 ★肥料について

  有機質系の肥料を使用することをおすすめします。

  量はそれぞれの肥料の規定量を混ぜてください。

  なお、使う肥料に迷ったら、及川フラグリーンのオリジナル・ブレンドの、

  「クレマチス・ナーセリーの有機肥料」もおすすめです!!


 ★完熟馬ふん堆肥について

  未熟ではない、完熟(発酵済み)のものを使ってください。

  量は土の3割くらいを目安に入れてください。

 

 ★腐植質が少なく乾燥しやすい砂のような土の場合は、腐葉土と赤玉土を、

  また、水はけの悪い粘土のような土の場合は、腐葉土と鹿沼土を、
  それぞれスコップ12杯程度、土に混ぜます。


  なお、土の質に自信がなく、改良方法もよくわからない場合は、

  掘り上げた土の半分くらいの量に、同量の培養土を混ぜて、埋め戻す土とします。

  そして、そこに肥料と完熟馬ふん堆肥を混ぜてください

  培養土は、及川フラグリーンのオリジナルの

  クレマチス・ナーセリーの専用培養土」がおすすめです!!



3. 混ぜた土の2〜3割を穴に入れ、苗の根鉢を軽くほぐして、土の上に置きます。

 株元の1節が埋まるくらい深植えしますので、底に入れる土の量を調節してください

 深植えすると、株元から立ち上がる枝数が増えやすくなります。




4. 土を全て入れます。



5. たっぷりと水を与えます。

 

このFAQを評価する

関連するFAQ

Powered by AnswerStation